転職の時期と年齢

企業の求人は1年の中で変わっていきますが、最も多いのが年度末や年末あたりに仕事の求人が増えだしてきます。
そして、転職をするに当たっての年齢は、20代後半がベストな転職適齢期といわれています。
これは、20代では基本的な社会人としての社会性にマナーそしてビジネスマンとして今まで培ってきた基本的な業務遂行能力が養われてきた時期ともいえるからです。
そして、この年齢を過ぎて30代になると少々ハードルが高くなります。
それは、20代のころの能力にプラス専門性に今度は仕事の結果である成果などが求められるからです。
そう考えると20代後半に転職をしておいた方が後々楽なのではないでしょうか。

転職を考え、しっかりと考えがまとまったのであれば素早く転職活動に入ったほうが良いようですね。

ですが、転職を何度も繰り返すことは避けたほうがいいでしょう。その為にもじっくりと転職を考え、そして会社選びもしっかりとすることが大切なのですね。
何度も繰り返すと書類選考も通りにくくなるからです。